ルナナマンの日々の記録を公開します

本せどらーが本の回転を考えてみる。

 

 

こんにちはー!

 

本せどり初心者のための本せどりブログ運営者の

ルナナマンです!!

 

 

今回の記事は、

本の仕入れ〜発送までを考えてみようと思います。

 

 

ルナナマンは自己発送推しなので、

自己発送の場合です。

 

 

本を発送するまでの工程

 

 

1・仕入れ

2・シール剥がし

3・クリーニング

4・検品

5・出品

  ⬇️(販売)

6・印刷

7・ピッキング

8・袋詰め

9・発送(出荷)

 

 

この9工程で1回転ですよね??

 

 

本せどりは、

仕入れはもちろん重要です!

 

 

仕入れを効率化して、

時短しなければいけませんよね??

 

 

仕入れに一番時間をかけるのが、

売上利益を上げる1番の方法です。

 

 

しかし、

大量に仕入れて、

大量に発送するスタイルだと、

仕入れ時間を増やそうとするならば、

 

 

いかに2〜9までの工程を、

効率化して、

スピードを上げるか。

 

 

これも仕入れと同じくらい大事なことです!

 

 

じゃあどうやって、効率化するのか??

 

 

まず、一番最初にすることは、

各工程の所要時間を把握することです。

 

 

 

あなたの2〜9の所要時間は何分ですか?

 

 

 

まずここをはっきりさせましょう!!

 

 

 

ルナナマンの所要時間をお伝えしておきます。

 

 

 

現在は発送スタッフがいるので、

自分ではほとんど発送しないですが、

自分で発送していた時の数字です。

 

 

 

一冊あたり

(本の状態によるので多めにしてます)

 

 

2・シール剥がし ➡️ 5秒

3・クリーニング ➡️ 5秒

4・検品     ➡️ 10秒

5・出品     ➡️ 3秒

  ⬇️(販売)

6・印刷     ➡️ 5秒

7・ピッキング  ➡️ 5秒

8・袋詰め    ➡️ 20秒

9・発送(出荷) ➡️ 集荷

 

 

1時間で156冊出品、

1時間で120冊発送できます。

 

 

 

あなたの所要時間と比べてどうでしょう??

これより早い、もしくは同じくらいな人は

だいぶ効率化できてると思います。

 

 

もし、これより時間かかっているなら、

もっと効率化するべきです。

 

 

 

もし、かかってる時間が2時間だとすると、

単純に仕入れ時間が半分になりますよね??

 

 

 

副業の人で、今日は3時間しか

せどりに時間を使えないとすると、

2時間発送に時間を取られていたら、

それだけで1日の作業が、

終わってしまいます。

 

 

効率化して1時間になるとすると、

発送+2時間仕入れ(移動時間込み)

なんと、

発送だけに終わらず、

仕入れもすることが出来ます。

 

 

この差は凄く大きいですよね??

 

 

ルナナマンがよく言ってるのは、

 

 

仕入れ以外を効率化するのが、

利益を最大化するコツです!!と。

 

 

これはそういう意味なんです。

 

 

さて、あなたの仕入れ以外の時間は、

何分かかっていますか??

 

 

 

P.S

 

前回の記事で、

仕入れ同行募集します

とちらっと言いましたが、

すでに3名の方からお問い合わせがありました!

ありがたいことです。

 

金額もお伝えしましたが、

 

安すぎでしょ!!

 

と嬉しい言葉いただきました!

価値を感じてくれてる証拠ですね!!

 

 

正式募集はもうちょっと先になりますが、

質問、お問い合わせは受け付けてます。

今回の料金でやるのは今回限りです。

かなりのチャンスですよ!!

 

人数限定で早い者勝ちとなるので、

楽しみにしててくださいね!

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

感謝感謝!!

 

 

ランキング参加してます!!

ポチッとしていただけたら

めちゃめちゃ喜びます!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です