ルナナマンの日々の記録を公開します

本せどりでの内勤作業の重要性。

 

こんにちはー!

 

本せどり初心者の為の本せどりブログ

運営者のルナナマンです!

 

先日の話ですが、

ブックオフで本せどらーに話しかけられて

(Aさんとします)

ちょっと話をしていたのですが、

すごくもったいないなーって感じたことが

あるので記事にします。

 

結果から話すと、

シール剥がしやクリーニング、

発送などの内勤作業を

自分一人でやっているから、

あまり仕入れをしたくないって事でした。

(Aさん専業です)

 

組織化してない限り

自分で全部やるのは普通ですが、

内勤作業の効率化はかなり重要です。

 

内勤作業ってどんなの?

 

内勤作業って仕入れ以外の全ての事です。

 

販売前

  • シール剥がし
  • クリーニング
  • 検品
  • 出品作業

 

販売後

  • ピッキング
  • 梱包
  • 出荷
  • 発送通知

 

その他

  • その他顧客応対
  • などなど

 

て感じです。

 

過去にも何回も言っていますが、

僕は出品は1時間で150冊はできますし、

梱包も1時間で150冊くらいはできます。

 

もっと早い人もいるかもですが

(いたらやり方教えてくださいw)

決して遅くはないと思っています。

 

Aさんはどんなに高回転でも

薄利なら仕入れしないと豪語してました。

 

ディスる訳ではないですが、

もったいないと思いませんか?

 

要は内勤作業が苦痛って事ですよね。

ビームを長時間やるのは許容できるのに、

内勤作業がおろそかになってるのかなーって感じます。

 

逆に内勤作業が早ければ、

薄利高回転商品も仕入れるってことでしょ?

それだけ利益が増えますよね。

 

内勤作業が早ければ早いほど

余った時間で仕入れ時間も増えるし

家族との時間も増えますし、

趣味にも時間使えますよねー

 

本せどりって効率化しないと

苦痛な事ばっかりですよねw

 

内勤作業についての記事も

これから更新していきますので

参考になればと思います。

 

感謝感謝!

 

本日のルナナマンは何位かなー

 ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です